プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

暫定税率の「暫定」って何さ?

ガソリン価格の高騰を受けて、ガソリン代に含まれる約25円分の「暫定税率」を廃止しようと民主党が目論んでおります。

報道では「継続」か「廃止」かの二択しかないようなものが多いですが、そもそも「暫定」なんだから、いつまでも暫定なのがおかしいわけで、それを「確定」した税率にして欲しいものです。それが0円なのか25円なのか10円なのか、って事だけじゃないですか。

それより、民主党が言うように廃止にしたって、輸入価格が上がり続ければすぐに今の水準まで上昇してしまう可能性があり、そうなれば税率の廃止に何の意味も無いわけです。

根本解決には、原油取引に流れている「投機マネー」をこのところ低迷している株式市場に戻すことが必要と思われます。

自民党はキライですが、「うわべ」の政策しか出せない民主党もキライです。

自民、民主問いませんが、日本、いや世界の株式市場を安定させる対策の検討をお願いします。




■2008/01/20 追記
町村官房長官「ガソリン値下げは環境問題にマイナス」
これ聞いてみんな思ってるよ、
「税率維持してたくさん道路作っても環境問題にマイナスでしょ!」
って。
自民も民主も「目くそ鼻くそ」です。(苦笑)

あ、消費税率問題は別ね。
増税に反対してるわけじゃなくて、「増税しなきゃならない理由」を全て・分かりやすく理解させてくれなきゃ納得できないって言うこと。
スポンサーサイト
【2008/01/19 23:27】 日々の出来事| tb(0) cm(0)
タグ : 日記 政治
<<記事数が1000を超えました | ホーム | えぇっ!岡本が西武へ!?>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1004-cc25accf
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。