プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

今は淘汰の時期?

日経平均は昨日・今日と連騰しましたが、まだ不安定な状況です。

先日から読んでいる(まだ読み切っていない)本
投資の科学」に、「イノベーション・ダイナミクス」という内容があります。

それによると、何かの産業は、3つの段階があると書かれています。
1.発展の段階
2.淘汰の段階
3.調整の段階

発展の段階とは、その産業が生まれていろいろな企業が参入し、一日しく成長する状態です。
淘汰の段階とは、成長しすぎた中から、有力な企業のみが生き残り、大半の企業は淘汰されるという状態です。
調整の段階とは、選ばれた企業によって少しずつ変化が起こるという段階です。

これを、日経平均のここ数年の月足と照らし合わせてみました。




■日経平均(2003年~2008年)の月足
日経平均月足


これを見ると、2005年9月あたりから急激に株価と出来高が増加しているのがわかります。
これは、好景気の影響もあったと思いますが、
ネット株の普及」が大きな原因なのでは無いかと思います。
かくいう私も、株を始めたのはこの時期です。

つまり、ネット株を産業だとすると、2005年9月から2007年6月までは「イノベーション・ダイナミクス」における 「成長の時期」 で、2007年6月から現在に至る過程は、「淘汰の時期」 なのではないでしょうか。

これからもっと、
「株なんて儲からねぇ、もう止めたっ!」
って人が出てくると思います。
そういう人がたくさん出てきて、出来高がもっと減った時が 「淘汰の時期」 が終わったというサインなのかも知れません。

私も淘汰されないように辛抱強く頑張ります。

投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い投資の科学 あなたが知らないマーケットの不思議な振る舞い
マイケル・J・モーブッシン 川口 有一郎 早稲田大学大学院応用ファイナンス研究会

日経BP社 2007-02-22
売り上げランキング : 621
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
スポンサーサイト
【2008/03/20 00:38】 | tb(0) cm(0)
タグ : 書籍
<<ワシントンもったいなかったね | ホーム | 今はケンカしてる時ですか?>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1085-885c0097
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。