プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

ベンゲルの幻影とこれからのグランパス

走る名古屋 一丸逆転

今日の千葉戦も勝った。
連勝が続くのは気持ちが良いし、スポーツニュースなどで取り上げられるのも久しくなかったので嬉しい。




でも、出てくるのは必ず「過去との比較」。

かつて アーセン・ベンゲル 監督が率い、ピクシーが現役で活躍していた時代。
ピクシー以外のスター選手はおらず、統一理解された戦術とピクシーの個人技が絶妙にマッチして、岡山中西哲夫 といった代表クラスではない選手たちが活躍していた時代。

当時の選手が監督、スーパーサブ 「ゴリ」→「杉本」 など類似点もあるので仕方ないか。

「名古屋グランパスのチームカラー」 ってなんなんだろう?と考えてみる。

やっぱり、「ベンゲル・ピクシー時代」の印象があまりに強すぎる。
ストイコビッチは確かにスーパープレイヤーだったが、当時の印象に強く残っているのは、ベンゲル監督の戦術がチームに浸透していた事。

個人的には、今後のグランパスには(ピクシーが監督を辞めた後も)、

「個人の能力はそれほどでもないが、高い戦術理解によって、
チームとして強豪とも互角以上の戦いができる


こんなチームでありつづけてほしいな、と思う。

つまりフロントは、助っ人にお金を使うんじゃなくて、指導者、育成者にお金を使えという事ですな。
スポンサーサイト
【2008/04/20 00:32】 テレビ・アニメ| tb(0) cm(0)
タグ : スポーツ サッカー 名古屋グランパス
<<帰る選手、残る選手 | ホーム | 上司の無能はチーム力を半減させる>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1123-a9f609e6
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。