プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

Firefox を Chrome に近づける

Google のブラウザ 「Chrome」 の良いところは、Webページ領域が広く取られていること。
Chrome

余計なツールバーは無いし、タブはタイトルバーと一体化してるし、ステータスバーも無い。

ただ残念なことに拡張機能がないので、マウスジェスチャとかにどっぷり浸かってる自分としては Firefox から乗り換えられない。

なら、Firefox に Chrome に真似てできるだけ Webページ領域を広く取るよう工夫してみました。



まず、画面上部について。
タブをタイトルバーに同化させるのはおそらく不可能だと思うので、それ以外の工夫で必要な機能を残しつつツールバーを最小にするレイアウトを探しました。

メニューは殆ど使わないので TinyMenu で小さく、その横によく使うブックマークを配置。
2行目は、ナビゲーションツールバーに Google の検索ボックスをプラス。GMail とかよく使う機能もここに配置。アドレスバーが狭くなっちゃうけどまあ仕方なし。

3行目はタブ。これはいつも出ていないと逆に気になる。

次は画面下部、というかステータスバー。
ステータスバーというのは、あると領域が無駄だな、と感じつつも全く無いと困る(リンクにマウスを当てて、次にジャンプする URL を確認する、etc)というビミョーな機能ですが、Chrome では必要な時だけステータスバーが表示されるというスマートな方法をとっています。
それに近いモノを Firefox で実現するのが autoHideStatusBar という拡張機能。
これを導入すると、リンクにマウスを当てた時とか、ページ読み込み中などで自動的にステータスバーが表示され、それ以外は非表示になります。

現在の状態です↓(左が Firefox 、右が Chrome)
Firefox VS Chrome
Chrome にはほんの僅かに及びませんが、Firefox でも必要な機能を維持しつつ、ブラウジング領域を広く取る事ができました。
今のところ、これで落ち着いています。

「全画面表示すればいいじゃん。」とか言われそうですが、全画面は何か抵抗があるんですよね、なんだかよくわかりませんが。タイトルバー(のようなもの)が出てないと不安、というか何というか。。。

そういう意味でも Chrome は微妙なニーズにもうまく応えているソフトだと言えます。
ジェスチャとブックマーク同期と RoboForm が使えるようになれば乗り換えるかも。
スポンサーサイト
【2009/01/06 23:34】 コンピュータ・デジモノ| tb(0) cm(0)
タグ : コンピュータ インターネット Firefox Chrome
<<初詣 | ホーム | 旬を過ぎたお笑い芸人って悲しいんだな>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1312-4f987a2e
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。