プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

Pocket WiFi 体験記

前から気になっていた イー・モバイルの 「Pocket Wifi」 をついに購入してみましたので、購入から使用するまでをざっと紹介したいと思います。





■購入

本家イーモバのオンラインショップでは「品切れです」との事だったので、ちょっとググって見つけた 「もしもし本舗」 にて購入しました。

 

価格は  5,980円 (スーパーライトデータプラン+にねんM) と本家と変わらないですが、3,000円分の QUOカード がもらえました。

 

さらに、misroSDカード(2GB) とか USBメモリ(2GB) とか、USB充電器 とか 2,000相当の品々からどれか1つがもらえます。

私は USB充電器 をもらいました。

 

というわけで、おまけがイロイロ付いたので、結果的には本家で買うよりよかったのかなあという感じでした。

 

■発送

注文から発送~到着までスムースでした。

 

注文したのが、水曜日の23:00頃。

木曜日の日中に、担当者から、「土曜日の午前に到着します」、と電話がありました。ま、希望がその日その時間だったんだけどね。

 

で、土曜日の 10:00頃、無事到着。

発送が佐川急便だったので(?)、少々不安でしたが、配達員がなぜか二人がかりで特に対応に問題はありませんでした。

 

唯一の不満は、クレジットカード(eコレクト)が使えるって書いてあったけど、実際には使えなかった事くらい。

 

■体験

箱を開けると、本体の他に、SIMカード、電池パック、充電ケーブル諸々が入っており、とりあえず SIMカード と 電池パック を装着しないと話にならないので、本体を開けようとしたが意外と苦戦した。

 

薄さ優先の為か、本体は結構簡素な作りで、開くためには少々強引に、隙間にマイナスドライバーをねじ込んでやる必要がある。

 

なんとかかんとか SIMカードとバッテリーを装着。

最初は充電が必要というのでそわそわしながら数時間待つ。

 

さて電源投入。

無線LAN内蔵のノートPCからあっさりと認識。

最初は、WEPキーがどこに示されるのか分からなかった

(てっきり Pocket WiFi のディスプレイに表示されるもんだと思ってたので、シールの存在に気付かなかった)けど。

 

愛知県豊橋市(の田舎)での速度は、

goo スピードテスト0.96Mbps くらい。

ブラウジングには特に問題なし、

大きなファイルのやり取りにはストレスが。

YouTube は、720p だとバッファしまくり、

360p なら遅延なし。

計測値的には少々不満だけど、まあ実害はないからいいか。

 

ちなみに、au の携帯電話経由でインターネットした場合の速度は、0.68Mbps だったので、それよりやや速いようです。

 

次に気になるのはバッテリー関係。

フル充電でどのくらい持つかはまだ試せてないけど、

誤算だったのは、「充電しながら利用」 できないこと。

ネットワーク接続中は 「USB給電」 にしかならず、利用をやめると USB充電 が開始される模様。

ちょっと残念。

 

それから 無線LAN について。

電源投入 時は ON になっているんだけど、一定時間通信が無いと OFF になってしまうみたい。

3G回線の方は自動で接続/切断してくれるのに、なんか片手落ちだなぁ。設定で常に ON にしておけるようだけど電池の持ちにどう影響するか…。

 

本体のサイズはジーパンの前ポケットに入れておいても気にならない程なので、常に携帯しておくのは問題なさそうなので、これからじゃんじゃん使ってこうと思います。

スポンサーサイト
【2010/03/04 21:31】 コンピュータ・デジモノ| tb(0) cm(0)
タグ : Pocket WiFi
<<Windows 7 で Windows Azure を試す! | ホーム | 01/31(Sun)のつぶやき>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1568-1b4005a1
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。