プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

転職にいたるまで(2)

えーと前回どこまで書いたっけ?

あーそうそう、今の会社を選んだ所までですね。

 

入社して最初の仕事なんて覚えてないですが、当時は確か Visual Basic 4.0 とか使ってたような…。

(そういえば VB4.0 って 16bit版と32bit版がありましたね)

 

入社からまもない頃の思い出と言えば、、、





 

  • 受託システム開発でうまく実装できない箇所を勝手に仕様変更して先輩にド叱られたこと。
    →こうしてビジネスの厳しさを知っていったのでした。
  • 会社命令で無知だったネットワーク(TCP/IPとか)の研修に1週間程参加し、そこで同席だった人にお寿司をご馳走してもらったこと。
    →あの人、元気かな?
  • 研修後さっそく社内にインターネットを導入(当時はダイアルアップね)し、デスクトップPCをルータ代わりにして社内みんなのPCでインターネットを使えるようにしたこと。
    →これは今でも 「俺の成果だぜい!」 と自慢できるものの一つです。
  • 初めていった客先で変換ツールを走らせた所、変換に異様に時間がかかり、予定では1日で終わるはずが終わらず翌日出直したこと。しかも一人で。
    →あれ以来、処理アルゴリズムに特に注意を払うようになりました。

なんか、失敗体験ばっかりだ。。。

入社1~2年の奴によくこんな事させたなぁって感じですね

まあ人は失敗を通して成長するって誰かが言ってましたっけ。

 

そういえば最近の若い開発者達には「失敗する機会」を与えてない気がします。私などの上司が「失敗しそうなヤツ」には行かせないようにしちゃってたんですね。

 

なんで?

失敗すると会社の損失になるから。

この不況の中、少しでも損を小さくしたいと思うから。

 

けどそれは間違っていたんですね。

短期的なリスクヘッジよりも、部下が成長する機会(失敗する機会)を作ってあげないと。

そしてその失敗のリスクは見込んでおかないと。

 

でもリスクを見込むにはある程度の余裕(潤沢な資金)が必要で。

その余裕を作るには、目先のリスクを最小限にする必要があって…って堂々めぐりですね。(汗

 

ん~ 「育てながら勝つ」 ってのは本当に難しい!

 

…脱線しました。

 

まあ入社1~2年の時は、プログラムでも、それ以外でもいろいろな事を経験させてもらって、スポンジのようにそれを吸収するのが楽しかった時期でしたね。

 

では続きはまた次回!

スポンサーサイト
【2010/06/06 02:17】 ごあいさつ| tb(0) cm(0)
タグ : 転職
<<初めて勉強会に参加してきたよ | ホーム | 突然ですが…>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1581-e21a9989
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。