プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

日本代表のこれからは?次期監督は?

まずは日本代表の選手・スタッフの皆さんお疲れさまでした。

感動をありがとうございました。そしてごめんなさい。

 

さてさて、”来年の事を言えば鬼が笑う”よろしく、もう次のワールドカップへ向けての事を考えてしまいますね。

 

岡田監督は退任のご様子ですが、今回決して若いとは言えなかった選手がどれくらい代表を続けるのか?

 

中村俊輔の去就は?

日本代表のコンセプトは今後も「守備重視」なのか?

本田圭佑は今後もワントップをやってくれるのか?

 

などなど。





岡田監督はデンマーク戦後の記者会見で、

「開催地が冬だから”走るサッカー”ができると思った」

と発言しています。つまりドイツW杯で今回のような戦い方をしていたらジーコと同じ道を辿ったのでしょうね。

次回 2014年 はブラジルでの開催だそうです。

また南半球なので、気候は今回と一緒、つまりまた”走るサッカー”ができそうで、今回採用したコンセプトで戦えそうです。

 

なら岡ちゃん続投してさらに連携を深めればいいのにね。

 

今回のW杯では、日本代表チームの団結力が見直されましたが、それは今後も活かして欲しいですね。

とすると、日本人の長所をよく知る監督としては、やはり日本人監督がよさそうです。

個人的には、前川崎フロンターレ監督の関塚氏や、FC東京の城福監督に代表チームを作ってもらったら面白そうだな、と思います。

 

関塚氏は、Jリーグの日本人監督の中では屈指の好成績を収めていますし、川崎Fではするどい速攻を戦術としていました。

現在の日本も中盤でボールを奪ってのショートカウンターが主体になりそうなので、適役ではないでしょうか?

FC東京の城福監督は、”ボールも人も動くフットボール”をコンセプトにしています。やはり運動量の多い日本人向けの戦術ではないかと思います。

 

岡田監督は3年でここまでの団結力を作りました。戦術は土壇場で180度変えざるを得ませんでした。

次の監督さんは早めに決めてもらって、ある程度選手を固定して一貫したコンセプトで団結力、連携を深めていったら、4年後はいよいよベストエイトですね。

 

と言っても選手は若手を次こそは入れないと今回のイタリアみたいになってしまうし、守備重視といってもアジア予選の敵は格下ばっかりだし、同じコンセプトを貫くのが一番難しい事だったりするんでしょうけどね。

 

選手の選抜としては、やはり守備意識が高く走れる選手、が中心になってくるのでしょうかね。

グランパスゆかりの金崎とか、吉田麻也とかが代表の中心になってくれてると嬉しいな、と思います。

スポンサーサイト
【2010/06/30 03:25】 名古屋グランパス・サッカー| tb(0) cm(0)
タグ : 日本代表
<<iPad の充電用USBケーブルとACアダプターの謎 | ホーム | Xperia を SIMカードなしで使うもう一つの方法>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/1587-f27399ac
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。