プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

そんなの普通じゃん

安田美沙子 ちょっと残酷な幼少時の遊び

そんなの普通じゃん、って思った。

私も幼少の頃、アリの巣は(水を注いだりして)何個壊したかわからないし、アリや蝶を捕まえて、ワザとクモの巣に引っかけてクモが食べるのを観察したり。

それから、コオロギを爆竹で木っ端微塵にしたり、血を吸った蚊の羽や手足を全部取って放っておいたり、蜂をハサミで真っ二つにしたり…。

なんか自分の事ながら書いてて気分が悪くなってきた。(-_-;)
子供ってザンコクだなぁ。それとも私だけ???

でもうまく説明できないけど、そういうことを経験する事で「命の大事さ」とか「やって良いこと悪いこと」の区別がつくようになるのだと思う。

そういうことをせずに例えばTVゲームばかりやってると、「良し悪しの区別がつかない」、「加減を知らない」、「キレやすい」、人間になってしまうんじゃないかな。

私の息子にも、小さいうちは、大いにで遊んでもらいたいものだ。

にほんブログ村 目標15位以内!ただいま19位です、どうかご協力をお願いします!

スポンサーサイト



【2006/08/11 12:48】 日々の出来事| tb(0) cm(2)
タグ : 安田美沙子
<<アンテナが付きました | ホーム | 番号ポータビリティ制度>>
コメント
こんにちわ。
「かぶってなぁに?」のシンです。

確かに、ちっこい頃は虫の無残な遊び方しましたね(^^;)
私の場合、バッタをペットにするために後ろ足取ってみたり、カタツムリの中身はナメクジなのか?って知るために殻をむいてみたり塩かけたり・・・。
ムカデ潰そうとして反撃食らって大泣きしたこともありました(笑)

そうやって子供って大きくなるんだと思います。
うちの娘は母親の虫嫌いが移って、2歳児にしてもう虫はなんでも怖がります・・・。
【2006/08/11 16:51】 | シン #-[ 編集]
シンさん、こんばんわ。
返事がおそくなってすみませんでした。

虫に関してはシンさんもなかなかの「武勇伝」をお持ちのようで…。
私の妻も虫嫌いなので、私がしっかりと息子に教えたいと思います
【2006/08/15 00:00】 | おく #-[ 編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/375-3deb2d1e
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。