プロフィール


Live!Ads

カテゴリ

iPad (2)

スポンサー


検索(サイト内)

全タイトルを表示


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【--/--/-- --:--】 スポンサー広告| tb(-) cm(-)

LinkStation(LS-300GL) の HDD 交換

LinkStation の HDD 交換に挑戦!」の続き。

さて、単純に新しいハードディスクに換装して再起動するだけでは交換できず、Linux のパーティション作成&データコピーが必要だと言うことが分かりました。
(これは 山下さんの LinkStation/玄箱をハックしよう情報を拝見させていただきました。)

Linux を用意して~、と思いましたが、ゲイツOS にどっぷり浸かっている私は、Linux など遊びでしかやったことがありません。



そこで、考えついたのが、
「ハードディスク丸ごとコピーソフトを使えばイケるんじゃあないか!?」
という案。

ソフトを調べてみると、ライフボート
LB コピーコマンダー9
が脈あり。
機能の中に、
・Linuxのみの環境もコピー可能
・USB、IEEE1394、シリアルATA対応
と書いてある。

懸念点は、
「xfs というファイルシステムに対応しているのか明記がない」
ことと、
「そもそもコピー元の HDD は一部壊れているのに使えるのか?」
という2点。

xfs への対応は問い合わせるしかなさそう。
HDD が壊れているのはぶっつけ本番でやるしかないだろう。

次いでの問題はハードウェア。
LinkStation の HDD は S-ATA だった。
ウチのデスクトップは IDE 、つながらない。
S-ATA 対応の外付けハードディスクケースは1つだけ持っているが、旧→新にコピーするためには、S-ATA を2台繋げる仕組みが必要。
もう1個ハードディスクケースを買うか、S-ATA→USB 変換ケーブルが要るなあ。
そうすると USB to USB のコピーは上の LB コピーコマンダー9 ではできるのかな?これも聞かなきゃ。
(S-ATA→IDE変換ケーブルはあるのに、IDE→S-ATA変換ケーブルはどう探しても見つからない。やっぱ上位互換は保てないのかな。)

まだまだ道のりは遠い…。
スポンサーサイト
【2007/05/17 11:37】 コンピュータ・デジモノ| tb(0) cm(0)
タグ : LinkStation
<<流石めーるから入金 | ホーム | 固定資産税…>>
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oku2006.blog43.fc2.com/tb.php/659-03291180
| ホーム |
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。